スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
無駄はない。
昨日、小さなプレゼント第2便を発送しました。
ぞくぞくと到着メールもいただいています♪
お待ちのみなさま、もうしばらくお時間をくださいね^^


今日は朝から職場の研修会に行ってきました。
以前にも行った、学童の指導員交流会。
今回は2回目の参加だったのであたしも緊張せずに参加できました。

あたしは障害児の加配なので、普段ひとりで悩んでいることがいろいろあります。
小さなことも、大きなことも。
同じように障害児を見ている先生方に聞いてもらうと、とってもラクになるんです。

今日もベテランの先生方の言葉に救われました。

『それはきっと、先生のことをすごく信頼してるから。』
『先生に出会えたことは彼の人生の中で、とっても幸せな出来事でしょうね。』

そう言われて何だか、肩の力が抜けました。

よかった、あたしのしていることは無駄じゃないんだ・・・って。

本当は彼がどんな風に思っているかなんて、誰にも分からないのだけれど
それでも、
彼とあたしがちゃんと通じ合えてる、と信じてくれる人がいるだけで、
あたしはとってもホッとします。

今日もまた、これから仕事です。
心機一転、また頑張る力が湧いてくるようです。

人生に無駄はない。。。
そう思えるだけで、昨日とは違う1日が過ごせそうな気がします。



20060926141052.jpg


仕事や家事にバタバタしている日でも、
パッと足下に目を降ろすと、大好きなバブーシュ。

それだけで、心がひと息つけたり。
そんな日常に救われます♪


今日もayamiに励ましを!!
応援ポチッとをいただけると、嬉しいです♪
↓ ↓ ↓

FC2ブログランキング



スポンサーサイト
|gakudou | comment(7) | trackback(0)
comment
ayamiさ~ん、がんばってね。
わたしの子供も軽度の知的障害があります
これまでに、保育園・小学校・通園施設・学童・中学・高校と
たくさんの先生方にお世話になってきました。
うちの子はとくに自閉的傾向にあるので
意思の疎通がつきにくかったけど、どの先生も
娘の事を心から好きでいてくれた事が
とてもこれまでの彼女育ててくれたのだと思います。
好きじゃないとお互いに信頼できないもんね♪

ayami先生もその子を好きでさえいれば
その子もその子のママもとても幸せです。
2006/09/2617:54 | URL | edit | posted by たんぽぽ
子どもとの接し方で悩んでいる時って、話を聞いてもらうだけでフッと力が抜けてラクになったりしますよね。

障害児の子(変な言い方だけど)って、接する中で悩むこともあるけど、教えられることもすごく多いですよね!
私も保育園1年目で受け持ったクラスに、軽度の知的障害の子と軽~中度の知的障害の子がいたんですが、大変なこともあったけどその子達に教えられることもいっぱいあって、バタバタしてはいたけど今思い返せば実りの多い、楽しい1年だったな~って思います。

今は保育じゃないお仕事を探しているけど、やっぱりいつかは子どもたちと過ごすお仕事に戻るのかな?なんて、ayamiさんのブログを読みながらしみじみ考えちゃいました・・・。
2006/09/2618:58 | URL | edit | posted by あにゃたま
ayamiさん、とっても頑張ってますね(*^_^*)
私は知的障害児・者の施設で事務をしていますが、いつも皆さんの笑顔に癒されてます。
障害は「個性」、本当に純粋な目とあの笑顔・・・見ているだけで私も笑顔になれる・・・ステキですよね。
いっぱいいっぱい考えることも悩むこともすごく大事なことだと思うしステキなこと。
私も日々考え、実行し、また考え・・・の繰り返しです。

ayamiさんに出会えてよかったときっとその子も保護者も思ってると思います♪
2006/09/2619:57 | URL | edit | posted by まゆ
いつもayami-sanのblogに遊びに来て
忘れかけていた物や、分かってるつもりのコトを
再認識します**
自分も教育に携わってきたはずなのに・・・
時間が空いちゃっても、忘れないようにしないとね。

私を雇ってくれた園長先生が
『園外で子どもに会っても
いずれ歳をとってから会ってもいつになっても
“子供達からするとあなたは先生なのよ。
恥ずかしくない人生を送ってくださいね』
と何度も言われたのを思い出します。
もうこの先生は亡くなられたのデスが・・・☆

いつまでも素敵な先生で居てくださいね^^

2006/09/2712:02 | URL | edit | posted by erink
《☆たんぽぽさま。》
たんぽぽさんの娘さんも障害をお持ちなんですね。
たんぽぽさんも、娘さんも、たくさんのステキな出会いと共に
歩んで来られたんだ。。。って、心が温かくなりました!

そしてたんぽぽさんの最後の言葉、
『ayami先生もその子を好きでさえいれば
その子もその子のママもとても幸せです。』・・・って。
すーーーーごく、嬉しくて、涙がぁ!!!
あたし、その子のこと大好きで、大好きすぎて冷静な目で
見れてないのかな。。。って思ってて、
でも、大好きな気持ちが一番大切なんですね♪
ほんとに、よかった・・・(p_q*)シクシク
たんぽぽさん、ありがとう!


《☆あにゃたまさま。》
あたしも同感です。
彼からもらった宝物、この1年半であたしの胸の中には
いーーっぱいなんです^^
自閉症だから言葉は本当に少なくて。
でも、少ない中で毎日あたしにたくさん意思表示をしてくれる。
成長した姿は、小さなものでもあたしの心を感動でいっぱいにしてくれる。
毎日の彼の笑顔があたしに笑顔をくれる。。。
彼からもらった幸せは毎日たくさん♪

もちろん、大声はりあげて怒る日もあるけど、
それも大切な一日。
一緒に成長させてもらってる・・・いつもそう感じています(^-^*)/


《☆まゆさま。》
『障害は個性』
あたしも大切な言葉だと思っています。
もちろん、周囲の健常児の子たちにも一緒に成長してほしいし、
一緒に感じて欲しいんですね。
『障害のある子=変な子』は間違っているってこと。
実際彼がウチの学童に来てから、子どもたちはとっても優しくなりました。
うわべの優しさではなくて、心からの優しさ。。。
それを教えてくれているのは、紛れもなく彼なんですよね^^

あたしも教わっているひとりで(笑)。
毎日いろんなことがあるけど、まゆさんの言われるように
悩んで、やってみて、また考えて・・・の繰り返しの中で
答えを見つけて行くんですよね♪
悩むのはステキなことかぁ・・・。
いいこと、教えてもらっちゃったな(*'-'*)エヘヘ


《☆erinkさま。》
そうなんです。
子どもたちと一緒に過ごすことで、
大切なことを毎日いっぱい発見するんです。
生きていく中で、大切なこと。
忘れたらいけませんよね・・・^^

『子どもたちにとって、先生はいつになっても先生』
。。。そっかぁ。
近所に学童を卒業した子や、辞めた子がたくさんいるけど
みんないまだに「せんせーい!」って呼んでくれてるもんなぁ^^
今のあたしが心がけていることは、
いつ、どこで、どの子に会ってもずっと変わらない笑顔で
あいさつをすること・・・かな(*^-^)ニコ
照れて知らんぷりする子もいるけど、
心にちゃんと届いてくれたらそれでいいや、って
思っています。

ステキな先生めざしてがんばりまーす♪

2006/09/2722:29 | URL | edit | posted by ayami
ayamiさんお仕事ご苦労様。
素敵なお仕事ですね。
人とかかわるお仕事はきっと大変なことも
多いでしょうけど
幸せを感じれる瞬間も多いのでしょうね・・・
羨ましいです。(大変なのに羨ましいだなんて
ごめんなさい)

足元のオシャレ・・・素敵です~!!
毎日一緒に時間を過ごすものだから
気に入ったものを使えるのって
ホント 小さな贅沢ですよねヽ(*^^*)ノ


2006/09/2801:10 | URL | edit | posted by kiruto
《☆kirutoさま。》
そうですね。。。
あたしは社会人になってから、子どもに関わる仕事しか
したことがないので、他はわかりませんが、でも、
幸せは人一倍感じて働いてるかもしれません(^-^*)/

子どもたちにとっては、人生のほんの一瞬のような時期で
あたしのことなんてきっとすぐに忘れちゃうんだろうけど(笑)、
でも、人間形成においては一番大切な時期。。。
目に見えない大きな責任を常に感じていますね^^

このバブーシュは去年、思い切って購入したんです。
安いものではないし、相当思い切ったけど、
その分、あたしの日常を支えてくれています♪
2006/09/2812:11 | URL | edit | posted by ayami
comment posting














trackback URL
http://hhl.blog24.fc2.com/tb.php/133-3847532e
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。